妊娠初期には葉酸が必要というけれどそれはどうして?

妊娠初期には葉酸が必要というけれどそれはどうして?

 

妊娠中は葉酸を積極的に摂取した方がいいと聞いたことがある女性も多いのではないでしょうか。

 

妊娠してから初めて知ったという人もいると思います。

 

葉酸は水溶性ビタミンの一種で、お腹の赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素です。

 

人の体は大人になった今も細胞分裂が行われているのですが、お母さんのお腹の中に芽生えたばかりの受精卵は猛烈なスピードで細胞分裂を繰り返して成長しています。

 

葉酸のはたらき

 

葉酸には細胞の中にある核酸の合成をサポートする働きがあります。

 

核酸は遺伝情報を伝えるDNAやRNAのことをいい、遺伝情報がきちんと伝えられることで赤ちゃんは正常に体が形成されていきます。

 

細胞分裂が盛んな妊娠初期に葉酸の摂取が必要とされているのはこのためです。

 

もし、この時期に葉酸が不足してしまうと、赤ちゃんに先天性障害が起きるリスクが高くなることが分かっています。

 

葉酸と先天性障害について

 

神経管閉鎖障害と呼ばれる妊娠初期に起こりやすい先天性障害です。

 

神経管とは脳や脊髄といった中枢神経の元になる器官で、この部分が塞がらない閉鎖障害が起きると脳や脊髄が正常に機能しなくなってしまいます。

 

神経管閉鎖障害には二分脊椎症や無脳症があります。

 

二分脊椎症は神経管の下部が塞がらずに発症する疾患です。

 

障害の程度には個人差がありますが、下半身に麻痺が生じたり排尿や排便障害が生じたりします。

 

二分脊椎症の半数には知的障害も現れるといわれています。

 

無脳症は神経管の上部が塞がらずに発症する疾患になります。

 

無脳症は脳が正常につくられないので、お母さんのお腹の中で流産してしまうことが多くなります。

 

無事に誕生したとしてもあまり長くは生きられず、生後一週間以内にはそのほとんどが亡くなってしまいます。

 

まとめ

 

このように葉酸は妊娠初期には欠かせません。

 

妊娠初期に葉酸を十分に摂取することで、赤ちゃんに先天性障が起きるリスクを大きく減らすことができます。

 

葉酸が含まれる食べ物を食べたり、サプリメントを活用することが必要です。